はじめてシステム利用者登録される方は
こちらから進んでください


すでにIDをお持ちのシステム利用者の方は
こちらから進んでください




ログインID、パスワード忘れた

公開されている開催予定
の講習会を見たい方は
Public_link


利用規約

このPUSHプロジェクト 講習会管理システムを利用する前に、 利用規約を注意してお読みください。 本システムを使われる皆様には、本規約に従ってシステムを 利用していただきます。 本規約の内容は、必要に応じて変更することがございますが、 その都度みなさまにご連絡はいたしかねますので、 ご利用の際には最新の利用規約をご参照ください。

第1条:(利用目的)

利用者は、本システムをPUSHコースを開催することを目的として利用する。

第2条:(システムの利用環境)

①利用者は、ウェブにアクセスして本システムを利用する。
②利用者は、自らの責任と費用で必要な機器やソフトウェア、通信手段、消耗品等を用意し、それらを適切に設置、操作して本システムを利用する。

第3条:(システムへの登録)

①利用者は、本システムの利用に際し、利用者自身の情報を登録しなければならない。
②登録については、自身に関する真実かつ正確なデータを入力しなければならない。
③利用者が、上記①②に違反した場合、あるいは違反があったと当協会が判断した場合は、当該IDを削除し、将来に渡ってシステムの利用をお断りすることがある。

第4条:(機密の保持)

①利用者は、PUSHコースおよび本システムを使用して知り得た、利用者、受講者、受講者施設の機密情報を第三者に漏らしてはならない。
②利用者は、このシステムから得たすべての情報を、PUSHコース開催以外の目的に使用してはならない。
③利用者が上記①②に違反した場合、あるいは違反があったと当協会が判断した場合は、当該IDを削除するとともに、損害が発生した場合は利用者に賠償請求をすることもある。

第5条:(IDならびにパスワードの管理)

①利用者は、IDならびにパスワードの管理を自らの責任において行う。
②当該のIDならびにパスワードを利用して行われた行為は、当該IDを保有している利用者の責任とする。
③当協会は、本システムのIDならびにパスワードの漏洩、不正使用などから生じた損害については保証しない。

第6条:(本システムにより利用できるコンテンツ)

①本システムにより、受講証の発行、開催に必要な知識や教材、指導のノウハウ、資料の自由な閲覧、取得をすることができる。
②更に、利用者が開催する講習会を本システムに登録することにより、メッセージビデオ「君の瞳」の著作権使用申請(後述)を省略することができる。(関連:第9条)

第7条:(PUSH認定インストラクターが利用できるコンテンツ)

第6条に加え、PUSH認定インストラクターは、PUSHコース開催にあたり当協会HP上で開催案内、受講生の募集をすることができる。

第8条:(受講証)

①PUSH認定インストラクターは、「講習の質」を証明するため、当協会「認定」、および公益財団法人日本心臓財団(以下、心臓財団)「協力」の講習会であることを表わした両団体のロゴマーク入り受講証を発行することができる。
②システム利用者は、上記①の両団体のロゴマーク入りの受講証を発行することはできないが、システムの範囲内で受講証裏面の所属、連絡先等の記載内容を自由に選ぶことができる。
③当協会は、利用者の求めがあれば、別途、受講証の基本形を知らせることとする。

第9条:(メッセージビデオの音楽著作権)

①PUSHコース講習会DVDで、「メッセージビデオ:あなたにしか救えない大切な命~君の瞳とともに~」を利用する場合、本システムに登録された講習会は、心臓財団、および日本音楽著作権協会〈JASRAC〉への使用申請は不要となる。ただし、心臓財団が非営利の講習会ではないと判断した場合は、その限りではない。
②上記①の登録をしない講習会で、上記「君の瞳」を利用する場合は、音楽にかかる上映使用料が発生するので、別途、日本音楽著作権協会〈JASRAC〉への使用申請が必要となる。
③受講証は発行しないが、「君の瞳」は使用したいなどの変形の使用の場合も、講習の登録をしないと上記の申請が必要となる。
④音楽著作権について、疑義が発生した場合は、当協会、ならびに心臓財団に確認をすることとする。

第10条:(システム利用の開始)

システム利用希望者は、利用開始のためには本規約の記載内容を確認し、別紙同意書に必要項目を記載、提出し、事前に当協会の承認を得なければならない。

第11条:(システム利用の終了)

当協会は、利用者が次の項目に該当すると判断した場合は、本システムの利用をお断りすることがある。
①本システムの利用で、第三者に迷惑・不利益を与える等の行為があったとき。
②同じく、当協会の活動に支障をきたす恐れのある行為があったとき。
③本規約に著しく違反する行為があったとき。
④PUSH認定インストラクターが当協会の定款、会員規約に反する行為をしたとき。

第12条:(誠実協議)

本規約の解釈について疑義が生じた時、または本規約に定めのない事項については、当協会と利用者間で誠実に協議の上、解決するものとする。